土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

能登産「赤ナマコ」が始まりました~

寒い日がつづいています。寒くなって美味しくなるのが
「赤ナマコ」ですね。厳寒の海になってからがナマコの旬になります。
ナマコの腸は「このわた」として珍味になりますし、卵は「干し子」として
珍重されます。いずれも高価な値で取引されます。
「赤ナマコ」は腸を取り除いてから、小口に刻み、お茶を沸かしてその中で
ゆっくりと茹でて(茶ぶり)三杯酢に漬けていただきます。春までの珍味です。

ミル貝の時期になって~

本格的な冬型になって雪の知らせが多くなっています。
寒くなりました。
きょうは貝の話です。食べる貝はなんでも高いですが、今美味しくて
高い貝は「本みる貝」ですね。超高級といってもいいでしょう。
将来は食べられなくなるような、貝です。大切に育てていきたいですね。

キウイフルーツの美味しい時期に~

「キウイフルーツ」は霜が降りる前が一番おいしい時期ということらしい
ですね。あまり興味のある果物では無かったのですが、この時期になって
美味しくて毎日使っています。

カワハギの「肝味噌焼き」で~

冬になると魚の肝が美味しくなり、その肝の料理が
増えます。アンコウの肝もその中にあり、タラ鍋も肝が
入らなければ美味しくありません。
肝の美味しい魚はいろいろですが、「かわはぎ」も外せませんね。
カワハギの刺身も肝をつけて食べるとまた格別です。
かわはぎの肝が残ったときにするのが、「肝味噌焼き」です。
日本酒には行けますよ。

お節のリハーサル「柿なます」を~

師走に入り、何となく忙しい気持ちになりますが、ゆったりと
日々を送りたいものですね。
きょうは気の早いお節の話題です。干し柿を使って「柿なます」の
リハーサルです。人参と大根を刻み、甘酢に仕立て自慢の干し柿を
入れて柚子の千切りもたくさん入れて柚子の酢の香り程度にしました。
あーといくつ寝るとお正月♪ですね。

北海道から塩鮭が来て~

北の北海道はもう雪がたくさん積もったのでしょうか。
別海町から山漬けの鮭が送られてきました。こちらでは出来ない
寒さの中での仕事ですね。鮭を掃除して塩をして山積みして鮭の
水気を抜いてうま味を増やす仕事ですね。
焼いて酒を掛けていただく「酒びたし」がいいですね。

冬に美味しい「赤貝」が~

赤貝という赤がきれいな貝がいます。
夏の間は卵をもって味が落ちますが、寒くなってくると
美味しくなり、春まで美味しい貝です。好きな人が多く、握りには
無くてはならない貝ですね。お刺身盛りに入れても色が派手なので
きれいに華やかになります。

早くも「柚餅子」を作って~

今、柚子がたくさん出ていて冬至が近いのかと思ったら
ことしは十二月の22日だそうです。
寒くなったから大丈夫と思って「柚餅子」を作りました。
またもう少し追加で作りますが、第一弾です。
時間が掛かる柚子ですが、出来たときはうれしい柚子煮¥になりますよ。

秋のサワラを西京漬けに~

もうあと一日で師走に入りますね。北の方では冬将軍が
現れて寒いようです。それでも今年は温かいですね。
きょう、鳥羽の答志島のほうから鮮度のいい「秋サワラ」が
来ました。叩きでも行けますが、焼き物用に仕込みました。
この時期のサワラは脂が乗って柔らかくて美味しいのです。

冬のヒラメが始まります~

これでも温かい十一月の温度らしいですが、きょうは曇っているので
肌寒くなっています。
魚は相変わらず、冬型に進行形で上席な魚が顔を出してくれます。
きょうは青森の「平目」石川県の「グレ(めじな)」大洗の「ショウサイふぐ」
などが入りました。ヒラメも冬になると気になる魚ですね。

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分