土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

春ニシンが来てから~

今日も温かくて気持ちのいい天気になっています。
皆さんは「春告げ魚」という言葉を聞いたことがありますか。
昔は北で春告げ魚といえば「鰊(にしん)」です。にしんは取れなくなってから
久しいですが、最近は少しとれるようになったみたいです。
網走から「春ニシン」が来ました。ニシンの刺身などは北海道の人にしか
食べられないと思っていましたが、鮮度のいいニシンが到着です。
早速、刺身、マリーネでいただき、あとは塩焼き用に仕込みました。

春のタケノコの木の芽和え~

今年はあっという間に春が終わってしまいそうですが、おそらく
野菜も同じ気持ちでしょうか。地元の農家さんが、山椒の芽を持ってきてくれて
このくらいの大きさでいいかな~と。
今年はなんでも早いですね。さっそく木の芽和えを作ります。
木の芽和えは何でも行けますが、やはりタケノコでしょう。
「筍と烏賊の木の芽味噌和え」を作ります。

勝浦のカツオと壱岐の岩がきが~

春の風が強く吹いていて気温は高いのに寒く感じます。
千葉勝浦港に黒マグロがたくさん上がったとニュースが流れて
いました。カツオも小ぶりながらたくさん上がっているようです。
マグロは少し季節外れですが、カツオはもう季節に入って値段も安く
なっています。どうしてマグロがそんなに多く取れたかはマグロに聞いて
みなければ分かりませんがマグロが増えていればうれしいのですが。

藁焼きカツオの叩きで~

いままで枯れ木だった木が小さい新芽を出して、春を加速させて
います。いまカツオは千葉勝浦港に上がっていますが、まだ小型の
幼魚です。それでも香りのいい初ガツオで藁焼きすると、甘酸っぱい味が
して夏を予感させます。

ロールキャベツと鱈のムニエルで~

たまには洋風もいいですね。季節の食材で欧風料理に舌鼓です。

トマトのマリーネとカツオ藁焼きで~

美味しいトマトはたくさん出回っていますが、美味しいトマトは
春と秋冬らしいですね。種類の多いいトマトは美味しいトマトを見つける
のは難しいです。いつもの産直では整理券を使ってしか買えないトマトが
あります。それを食べるとんびっくりします。

八幡鯛を使ってみて~

鯛も桜が散って、産卵が終わると何となく人気がなくなりますが、
養殖の鯛は一年中出回り、美味しく食べることが出来ます。
日本の養殖技術はかなり進んで、それぞれ産地で特色を出しながら
ブランド名を付けて出荷しています。今、日本では四十種ぐらいの
鯛があるそうでそれぞれ餌で特色を出しているようです。
現在、紀州の梅酢を食べさえた「うめ鯛」という鯛を捜索中です。

蟹みそを炙って~

昨日はお客様に美味しい「蟹味噌」をいただきました。
そして蟹の身を合わせて焼いてだしたのですが、いまいちでした。
きょうはその蟹味噌に白味噌を追加したり、マヨネーズを混ぜたり、
いろいろ試行錯誤の末、自前の玉味噌で美味しくできました。
これならお酒に十分なつまみになると思いました。ありがとうございました。

旬の桜ますが来た~

今日から暖かい日が続くようですが、きょうも温かく
昼寝をしたくなるような気分です。きょうの旬の魚は
「桜ます」です。本鱒(ほんます)とも呼ばれ桜の時期に
生まれた川に戻ってくることから桜ますと呼ばれ、川で小さかった
「ヤマメ」が海へ出て大きくなって帰ってくるドラマは素晴らしい
ミステリーですね。

メロンの摘果「子メロン」で浅漬けを~

きょうはもう夏になっています。
茨城県は農産物の日本一が多くありますが、実は「メロン」も日本一です。
もう少しすると売り場にいろいろなメロンが並びます。
その前に摘果された小さい子メロンが並びます。そのメロンの子供を
たくさんいただきました。早速、漬物にして季節を味わいます。

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分