土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

カツオの「手こね寿司」を~

きょうは「新にんにく」の話です。産直はありがたく季節を
教えてくれます。というのはうちの「ニンニク醤油漬け」がそろそろ
終わりに近づいているので注文をしなければと思っていたところで
新にんにくが出荷されていました。そのまま焼いても新のニンニクは
美味しいですね。いまは初ガツオの季節でこの新しいニンニクはうれしいです。

夏の入口に「鱧の湯引き」を~

大型連休も後半戦に入りました。こちらはお休みは日曜日
だけです、頑張って仕込みをしています。
今日からハモ(鱧)を始めました。カツオが御前崎に到着して
絶好調の時ですが、ハモは夏の入口から行きましょう。

五島うどんで地獄炊き~

かねてから「うどん」は細いほうが旨いと思っていましたが
「五島うどん」は細くて美味しいですね。細いだけではなく滑らかな
食感は椿油を使っているからです。讃岐うどん、稲庭うどん、水沢うどんと
日本には美味しいうどんがたくさんありますが、この五島うどんは売っている
ところが少なく困っていたところ持ってきてくれたお客様がいました。

黄金ハモの焼き霜作り~

きょうは奄美の梅雨入りが発表されましたが、そろそろ
梅雨入りの心配でしょうか。梅雨入りというと「梅雨鱧」「梅雨イワシ」
とか魚が美味しくなる時期でもあります。釣り鯵もよくなってきて
だいぶ黄色くなってきました。
きょうはハモの「焼き霜作り」を紹介します。

いわしの目刺しで~

きょうは梅雨寒のような気温で梅雨のような天気になって
います。寒いですね~
体調に気お付けたいものです。きょうは「干物」です。
鰯の目刺しが入りました。さっそく昼飯に焼いていただきました。
味噌汁、漬物を用意して炊き立ての白飯でいただきま~す。
美味しい干物はいいですね!

「万願寺とうがらし」を穴子で~

夏も近づく八十八夜の♪の季節なのにきょうは茨城の北で
雪が降ったらしいです。どうなっているのでしょうか?
きょうは夏野菜の「万願寺とうがらし」が出ました。もう夏の
野菜です。そんな万願寺を穴子と合わせてみました。

五月の鯵で叩きを~

五月の陽気らしい気持ちのいい天気を迎えています。
鯉のぼりがはためいています。
そう言えば「鯵」が良くなってきたなと思っていました。鯵の季節は
五月です。この時期に「鯵」を食べた方は必ず鯵に惚れてしまいます。
鯵の叩き、鯵のナメロウ、アジフライ、鯵の南蛮漬け、鯵の干物、鯵の~
と魚の中では人気者ですね。

夏の前に「時しらず(鮭)」を~

「時鮭」と書いてみなさんはどのように読みますか?
「時ジャケ」「時しらず」と読むのが通例です。ちょうど今頃
毎年、北の海に近づく鮭の幼魚らしいです。
脂が乗って美味しいことからみなさん珍重します。その時しらずを
いただきました。お刺身、塩焼き、ムニエル、フライなどなんでも
ござれデス。この時期の根室の名物をお試しください。

糠漬けが美味しくなって~

もうすっかり夏になっています。
  ぬか床が夏になると途端に元気になって良い味になってくれます。
その糠漬けを酸味のある胡瓜、大根、を小さく切って生姜の千切り、
ミョウガ、大葉と胡麻、鰹節を合わせてご飯を食べるのが好きです。
酸味が美味しくてご飯が進みます。

「蛤とアスパラの酒蒸し」をゼンナで~

きょうも暑くなっています。それでも湿度が低いので
日陰に入ると気持ちのいい日になっています。
千葉の蛤の小さい物「ゼンナ」が出ています。これはいい出汁が出るので
いろいろ使いますが、今盛りの夏アスパラと酒蒸しにすると
美味しい出汁がいただけますよ~

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分