土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

クジラの「鹿の子」という部位が~

もう北の方では秋の準備で忙しいことと思います。
いま北では秋刀魚、鮭、蟹など秋の美味しい魚で賑わって
いるのでしょうか。きょうは網走港から「クジラ」が届きました。
顎の下を支えている肉「鹿の子」という部位です。
刺身とはりはり鍋で食べるという注文です。どうなるでしょうか。

新米の季節になって~

台風が来て西の方では大荒れになっています。
少ない被害で済めばいいのですが心配です。これから
関東にも影響があるのでしょうか。各地の影響も心配です。
先日、隣町の農家さんにいつものお米を買いに行きましたところ
「新米のミルキークイン」をいただきました。\(^o^)/
待っていた新米です。早速炊いておかまに顔を近づけるといい香りです。
美味しいですね~

厚岸のカキで「牛肉巻き」を~

朝起きてびっくりしました。いつ来るかわからない地震ですが
いつ起きても、どこに起きても仕方のない日本ですね。
早く、復興が出来ることを祈るばかりです。お見舞い申し上げます<(_ _)>
おなじ北海道の厚岸のカキは大丈夫でしょうか。
厚岸のカキを牛肉で巻いて食べたいということで牛肉でかきを
巻きました。

常磐の「メヒカリ」のから揚げを~

きょうの土浦は雲が出ていましたが青空がのぞいて
きれいな秋の空が見えました。もうすぐそこまで秋は
来ているようですね。
きょうの話題は常磐ものです。常磐ものというとヒラメ、鱈、
アンコウ、柳がれい、メヒカリなどですが、その「メヒカリ」が
始まりました。秋から冬にかけて美味しくなる常磐の「メヒカリ」は
いわきに行けばお寿司も食べられるという「メヒカリ」ですが、
きょうは「唐揚げ」にしました。ふっくらとしてオイシイデスヨ。

秋の気配「サバの味噌煮」を~

きょうの最高気温は土浦では25度、これならだいぶ楽に
過ごせますね。秋が一気に来るような感じです。
秋になると気になるのが「秋サバ」ですね。
シメサバ、塩焼き、煮付け、揚げ物などありますが、関東では
圧倒的に人気は「鯖の味噌煮」ではないでしょうか。
とろみの付いた甘い味噌だれはサバを包み込んで美味しくしてくれます。、

今年の「新子」は秋になって~

みなさんは今年、小肌の幼魚の「新子」を食べましたか?
わたしはもう今年は忘れていました。その「新子」が今日になって
やっと入ってきました。毎年、安くなると入れてくれるのですが
今年は今頃になってしまいました。夏しか食べられない「新子」ですが
秋になって美味しい「新子」食べられるのは初めての経験です。

冬のお気に入り「鮟肝ポン酢」が~

秋の長雨でしょうか、ぐずついたはっきりしない天気が
つづいています。
秋から冬には釣瓶落としで、季節の変化も早いので気お付けたいものです。
きょうはもう「アンコウの肝」が出て来て冬が近づいている予感を
感じます。「鮟肝」の酒蒸しは好きな人も多く、冬の人気の肴です。

するめ烏賊の腸焼きで~

秋に「柿の白和え」を合わせて~

朝晩は肌寒く感じる陽気になって、今年は暑かった半面
秋が来るのが急速で慌ててしまいます。
風邪など引きませんように皆さんも気を付けてくださいませ。
「柿が赤くなれば医者が青くなる」という諺がありますが、秋が来て
もう柿が出てきました。平種、早秋などの早生種ですが、甘くて美味しいですね。
早速、「白和え」の準備です。

栗の渋皮煮を~

秋の入口で秋の長雨がつづいています。早くきれいな秋空を
見たいものです。もう公孫樹の葉は黄色くなって、銀杏を落としています。
きのうはお客様から「栗のお土産」をいただきました。茨城県は栗の生産が
日本一でいまたくさんで回っています。秋には一度は食べたい栗ですね。
きょうは「栗の渋皮煮」で美味しいお茶をいただきました。

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分