土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

ほうれん草の季節が来て~

朝夕がホントに寒くなって、紅葉もぐっと進んでいることでしょう。
みなさんは最近、「ほうれん草」をいただきましたか?
この寒さでホントに美味しくなってきました。お浸し、胡麻和え、おでん、
バター焼きなどポパイが愛した「ほうれん草」はこれからどんどん味がよくなって
来ます。冬のごちそうですね。

地元の「スダチ」でポン酢を~

きょうもきれいな夕焼けが見えそうです。
秋も深まってきました。皆さんはポン酢、お好きでしょうか。
先日、「スダチ」をたくさんいただいました。そしてこれから季節は
「ポン酢」の季節ですので、絞ってポン酢用にしました。
自分で絞ったフレッシュなポン酢は香りもよくオイシイデスヨ。

落ち鮎が届いて~

もう冬の準備をする時期「立冬」ですね。
陽気はきょう温かいですが、準備だけはしておきたいですね。
茨城は天然の鮎生産量日本一らしいですが、なかなか手に入らないのが
実情で高価な魚です。若鮎の時期に頼んであった鮎が今日届きました。
「落ち鮎」です。子持ちの鮎です。早速塩焼きでいただきましたが、
「子持ち鮎の煮浸し」にしようと思います。

「かきのもと」でお浸しを~

冬になりたくないような日本の天気ですが、一雨ごとに
さむくなるのでしょうか。地元の産直で「かきのもと」という
食用菊を出荷しました。新潟の方で食べているようですが、この菊は
「お浸し」が美味しいですね。味がいいのでほうれん草と合わせて出汁醤油で
海苔を乗せて美味しいですね。

「ふぐのぶつ切り」という刺身を~

もうすぐ寒くなりますが、冬の物何かいただきましたか?
秋から冬の食べ物はまたいちだんとうま味を増して、美味しい物
が多いいですね。皆さんは、フグの刺身はどのような食べ方が
お好きでしょうか。いろいろな食べ方がありますからその中の
一つを紹介します。

冬の「大羽いわし」が来て~

霜月らしい天気になっています。今年はサンマが豊漁で
みなさんたくさんいただいたでしょうか。まだスーパーには
秋刀魚が並んでいて、名残惜しそうな雰囲気です。
意外と知られていないのは、秋刀魚に隠れて美味しかった魚が
「いわし」です。この真いわしは夏からずーっと美味しかったのですが
秋刀魚に隠れて顔を出さなかったのです。やっと出てきました。
「大羽いわし」です。秋刀魚に飽きた人には新鮮な味に感じると思います。

聖護院大根で「いか大根」を~

立冬が過ぎると、大根が売り場にたくさん並びます。
大根が多く出荷されるとなぜか安心します。江戸時代には
100種類以上の大根があったといいましから、大根は日本人が
大切にしてきた野菜といえますね。多くは青首大根を思い浮かべると
思いますが、地方にはそれぞれ特色のある大根を大事に受けついて
特色ある料理を楽しんでいます。

常磐の郷土料理「アンコウのトモズ」を~

初雪の便りも多くなってきました。
冬の魚は寒くなると美味しくなりますが、「アンコウ」もそうです。
お気に入りの肝が大きくなって、美味しくなります。その肝を使って
ポン酢でいただいたり、鍋の味噌汁に溶かしたり楽しみますが、茨城では
「煮アンコウの共酢」という食べ方でいただきます。
熱燗を用意して肴に「トモズ」はよく似合いますよ。

おろぬき人参が出て~

冬を前にして、大根も白菜も蕪もネギも元気に出ています。
人参も大きくなって金時などの人参も美味しいものが出荷されていて
暮れを控えて心強い限りです。
いま金時人参の疎抜きが出て、うれしい人参の葉っぱの柔らかいものが
食べられます。

テッポウを使って「もつ煮」を~

寒くなると温かいつまみが欲しくなると思いますが、
「豚のもつ煮」は比較的に一年中人気があります。居酒屋では
それぞれ特徴をもって、こだわりを持って出していると思いますが、
なかなか奥が深い料理ですね。

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分