土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

秋のサバは誰がたべますか?

吟酔亭にはサバはシメサバを用意していますが、最近は5人にお出しして、
四人のお客様が美味しい鯖ですね~とおっしゃいます。
秋のサバは脂が乗って美味しいですね~見違える美味しさです。普段いただかない
方もこの時期は手を出してみてはどうでしょうか。きっと〆サバが好きになること
請け合いです。新秋刀魚も北海道の根室から降りて気仙沼になりましたから
脂が乗って美味しくなって来ると思います。

鮟肝、アンコウの肝が大きくなって~

天候不順から急に冬型の天気になって、あさ、夜は冷えて寒く感じますね。
そのせいか、鍋の魚「あんこう」も肝を大きくして、旬の季節になりました。
「アンキモ」はみなさん酒の肴として好きな人が多いいのではないでしょうか。
いまよくなっていますので食べごろですよ。

寒くなってアンコウの肝が大きくなって~

急に秋を通り過ぎて寒く冬モードになりました。
そうするとフグや鱈など鍋の魚が美味しくなってきます。
アンコウも肝を大きくして旬を迎えます。
何といってもアンコウは肝が主役、皆さんもお好きでしょう。
茨城には郷土料理で「煮アンコウ」「トモズ」などと呼んで
肝でアンコウを和えていただく美味しい料理があるんですよ。

里芋とイカを一緒に煮て~

秋の実りが美味しい時ですが、里芋も好きな人多いいですね。
ちょうどするめ烏賊も出て来て、「いかいも」の季節になりました。
ホッとするおふくろの味です。黄色くなった柚子を乗せて香りを楽しみながら
ふるさとを思い出すのはいかがですか。

秋の秋刀魚が気仙沼に来て~

今年も相変わらず不漁でした、秋刀魚がやっとひと月遅れで取れだしました。
北海道の港から気仙沼に移り、脂も乗ってきていい状態になりました、
鮮度もよく味も美味しくなっていますよ。

銀杏が出て「がんもどき」の季節に~

きょうから北国では雪が強くなるようで冬の到来ですね。
紅葉も一気に進み。そして銀杏がでるきせつです。「がんもどき」
「茶碗蒸し」など銀杏を使った料理をこの時期にします。
茶碗蒸しからふっくらとした銀杏が出てくるとうれしいものですね。
きょうは「がんもどき」を作りました。

日本海ではぶり漁が始まり~

日本海ではぶり漁が始まり、冬の美味しいが始まっています。
遅く出回った「秋刀魚」ももうそろそろおしまいでしょうか。
秋刀魚の干物を恒例により作りました。秋刀魚の干物はおいしいですね~

冬は赤貝が美味しい季節です。

きょうは雨で寒い日になっています。みなさんは赤貝は
いかがでしょうか。寒くなると美味しくなって春までは」旬と
いうことになっています。ふっくらとして香りもよくなって
寿司にすると貝としては三本の指に入りますね。

新潟沖の「寒ブリ」が来ました~

土浦では蓮根の出荷が盛んに行われていて。
暮れが近いなという感じがします。
暮れといえば「寒ブリ」ですね。天然の「寒ブリ」は
この時期是非とも食べておきたい魚ですね。きょうは佐渡沖の
寒ブリを入れました。刺身、ぶり大根、塩焼き、など
ぶりしゃぶなどと合わせて楽しみたいですね。

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分