土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

アジのなめろう漁師風はいかがでしょうか。

みなさんは鯵のなめろうという料理は聞いたことが
ありますか、千葉の漁師めしが発祥と聞いていますが、最初は
カツオを船上で作っていたみたいですが、一般的にアジが主流に なっています。
そのまま食べてもいいのですが、ご飯の上に乗せて、味噌汁をたっぷり
掛けてさらさらとお茶漬け風に食べるのが漁師風です。一度お試しあれ!

からすみ(唐墨)の季節になって~

ボラの卵を塩漬けして、塩味をつけてお酒のつまみにするのが
冬の醍醐味ですが、本来はサワラの卵で作ったのが起源みたいです。
大根のスライスに挟んで大根と一緒にからすみをいただくと、高級感のする
雰囲気ですね。お腹いっぱいにするものではありませんが、日本酒には
ピッタリですね。

秋の桜海老でかき揚げに~

暮が押し詰まってきました。気候が暑かったり、寒かったりで
体の調子にも気お付けたいですね。
天ぷらで美味しい「桜海老」が今年の春は不漁でしたが、秋になって
取れているようで、入荷しました。秋の桜海老も紅葉に似て、なかなか
美々で掻き揚げにするとお酒によく合いますね。

旬のナマコを茶振りして~

冬が盛りの「なまこ」ですが、
赤ナマコ、青ナマコ、黒ナマコとあり、味は赤ナマコが美味しいと
されています。その赤ナマコを番茶で軽く霜降りをして「茶ぶり」といいますが
そうするとナマコが柔らかくなります「茶ぶりナマコ」といいます。
癖もなくなって三杯酢に漬けると食べやすくなります。
生で硬くなったナマコを食べている人はその柔らかさにびっくりします。

聖護院大根で「いか大根」を~

冬は大根の季節ですが、大根もいろいろありますね。
きょうは京野菜の聖護院大根です。おでんや、煮物によく使いますが、
漬物にしても甘くておいしいです。きょうは季節の「ヤリイカ」と合わせて
「いか大根」です。煮えばなをフーフーいいながら辛子をつけて。柚子の香り
と合わせていただくと冬の美味しいを感じます。

冬のヒラメは「寒ビラメ」煮つけも~

冬になると美味しい魚は「寒」が頭につきます。
寒ブリ、寒サバ、寒だら、とかがお馴染みです。今日は
「寒ビラメ」です。冬になると体を太らせ、身も締まって
美味しくなります。「夏のヒラメは猫マタギ」のたとえは
冬のヒラメが美味しいという裏返しですね。

冬はゆっくり「ふぐコース」ひれ酒とともに

冬はやっぱり鍋料理ですね。河豚、アンコウ、鱈、カキ、金目と揃っています。
とくに河豚は鮮度が大切だから予約をしてその日の河豚をいただきたいですね。
ひれ酒も外せないお酒のお供でゆっくり冬の夜をお楽しみください。
雑炊が楽しみですね。

冬は「ふぐ料理」で温まりましょう。ひれ酒も

大阪ではてっちりといいますが、一年に一回はフグを
食べるということです。刺身も薄く作ったり、厚く作ったり食べ方
いろいろで、鍋に入ると部位によって美味しさが違って楽しめますね。
ふぐ唐出された出汁で野菜も美味しくなって、〆の雑炊が楽しみになってきます。

冬の味覚「厚岸の生カキ」で美味しさを~

冬の生カキは美味しいですが、特に厚岸のカキは評判がいいですね。
ふっくらとして大きくて味も濃厚です。焼いても蒸してもフライにしても
お好み次第です。一目見て歓声が出るほどふっくらとしています。

お節料理の仕込みをしながら~

師走もおしつまって気ぜわしい日がつづきますね。
こちらの調理場も「忘年会」とお節で毎年のことながら
しんねんを迎える準備をしています。きょうは手始めに
「黒豆」です。黒豆。数の子、たたきごぼうが三種肴ですが、
黒豆は大切なお料理です。来年もまめまめしく働かせていただきます。<(_ _)>

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分