土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

ふぐ白子の醤油焼きで~

新年を迎えて美味しい物の中に、「ふぐ白子」が
あります。大きく膨れて食べごろです。
生でポン酢もいいですが、塩焼き、醤油焼き、コチジャン焼き、
これはもうたまらなくごちそうです。口に含むと濃厚なとろみが
たまらなく美味しいですね~
是非一度お試しくださいませ<(_ _)>

春の風物詩、「ほたるいか」「白魚」が来て~

このところ、冬の気温に戻って寒い日がつづきます。
きょう、春の風物詩「ホタルイカ」が入荷しました。まだ
富山湾には入っていないようですが、ほたるいかの季節の到来ですね。
白魚、サヨリ、メバルなど季節が徐々に移っていきながら出てきます。
ホタルイカと出始めの独活(うど)といっしょに酢味噌でどうでしょうか。
蕎麦にはフキノトウの料理も添えて~

北海道のツブ貝の刺身で~

北海道には美味しい産物がありますね。特に水産物では
吉次、鱈、ニシン、ホッケ、生うに、帆立貝、真ツブ貝、北寄貝
などその他にもたくさんの美味しい物が揃います。
きょうはその中でも人気のある「真ツブ貝」です。
刺身もさることながら、アヒージョ、バター焼き、煮付けなど
何しても美味しい貝ですね。みなさんはどの料理で楽しみますか?

寒びらめを昆布〆にして~

富山では昆布で魚や、野菜を挟んで美味しく食べる風習が
あります。先人の知恵ですね。昆布のうまみも味わえるし保存も
よくなるということです。特に魚の白身は昆布押しに合い、冬の
ヒラメはよくします。ねっとりとした昆布〆の身はうまみが増して
オイシイデスヨ。

相模湾の「新ワカメ」でサラダを~

今年は春がはやいようだと噂をしている人がいます。
桜の話題や、タケノコの話題も~
「新ワカメ」を食べた方はいらっしゃいますか。生ワカメとも言いますが
塩ワカメや乾燥ワカメと違って、歯ざわり、香りが抜群に違います。
生ワカメは三月に三陸産が出ますが、それよりも早く、神奈川産がもう
出ています。色もよく、サッと湯掻いて口の中に入れると、磯の香りが
一杯になります。玉ねぎと胡瓜と一緒にサラダはいかがですか~

春の風物詩、「白魚」の手のように~

春になってから始まる野球が楽しみですね。
春の風物詩といえばたくさんありますが、きょうは
「白魚」です。白魚のような手といわれるくらいほっそりとした
白魚は透き通った小魚で江戸時代には舟の帆先に篭を吊るして
白魚を取りながら舟遊びで春を喜んだようです。
その白魚はそのまま食べてもいいですが、天ぷらなども
なかなかいいですね。きょうは「有馬煮」にしてお酒のお供にしますよ。

生うにを天ぷらにして、大葉、海苔~

新型肺炎でストレスがたまる毎日ですね。
手洗いをしっかりとして健康に気を付けたいです。
美味しい食材はいろいろありますが、「生海胆(なまうに)」は
皆さん好きでしょう。そのまま食べて幸せを感じます。
広島の雲丹レンソウもいいですが、天ぷらもいいですね。高い物だから
どのようにして食べるか迷います。その日の雰囲気で選んでいただきましょうか。

春が旬の「青のり」でアサリのお吸い物を~

春が近くなると決まって出てくる「青のり」が
きょう出ました。味噌汁に入れると、その海苔の香りが
春を感じさせてお腹から幸せを感じます。
玉子焼きやら天ぷらやら食べ方を好みに任せて春を感じませんか。
きょうは浅利のお吸い物に青のりを加えて青のりを楽しみましょう。

春の烏賊「ヤリイカ」を使って~

冬から春にかけて出回る「ヤリイカ(槍烏賊)」が美味しくなっています。
刺身でもコリコリと美味しいですが、焼いても煮ても美味しいですね。
ニンニクを使って炒めても美味しいです。国産のアスパラが
そろそろですからニンニク炒めもいいですね。

春アスパラが出て来て~

春になると土筆など春芽がぐんぐんと上に向かって伸びますね。
アスパラガスの旬は夏ですが、春芽といって春アスパラが出てきました。
待っていた野菜ですね。これからは当分国産のアスパラをいただけます。
料理は簡単でいろいろありますが、皆さんはどのようなアスパラが好きですか。

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分