土浦の居酒屋でメニュー豊富な美味しいお酒が飲める店、宴会なら熱燗徳利の吟酔亭

 

夏魚「こち(鯒)」という魚は~

大型連休はもう終わりに近づきましたね。
不要不急の外出制限も一か月先まで伸びて
もう少し頑張らなければいけませんね。
田んぼでは早苗や蓮根が始まりいい季節になっているのですが
仕方ありません。頑張りましょう。
今頃から始まる魚に「こち(鯒)」という白身の魚があります。
鯒は夏フグと呼ばれるくらい河豚の身に似ていて薄造りにして
いただくと冬の河豚を思い出します。塩焼きも美味しいです。

地元の空豆が出たのに~

外出自粛で暇を持て余していませんか。
ドラマをみたりニュースを見たりして我慢をしています。
世の中はあまり変わっていませんが地元の「空豆」が
出ました。やはり地元産の新鮮な野菜が美味しいですね。

八角(ハッカク)恐竜のような顔をして~

コロナが収まりそうな数字が出ていて、毎日祈るように
東京都の数字を見ています。収まって欲しいですね。
きょうは北海道の網走の方から「八角」という珍しい魚が
登場です。まるで恐竜のような顔をした魚です。身は白身で脂が多く
甘い美味しい白身、刺身、焼き物、鍋などで楽しみます。

夏風が吹いて「鱧(はも)」が来て~

きょうは五月晴れの天気で暑いくらいの陽気です。
夏の魚といえば京都では「鱧(はも)」ですね。今日今年初めての
ハモの入荷です。湯引き、刺身、炙り、焼き物など楽しみ方いろいろです。
天ぷら、フライもOKです。これから秋まで鱧が楽しめますね。

夏魚「ハモ」を刺身、塩焼きにして~

コロナの感染者が茨城県はゼロがつづいていて、もう少しでしょうか。
早く出口が見えるといいですね。
きょうも料理の話題は「鱧」です。ハモは料理人は「道具魚」と呼びます。
それはいろいろな料理しても美味しいからです。きのうはハモ塩焼きと
刺身にしました。揚げても、焼いても、寿司にしても鍋にしてもとバラエティーに富んでいます。今年の今日との祇園祭はどうなるのでしょうか。ハモは心配していると思います(-_-;)。

穴子を煮て「穴子寿司」を~

夏になると美味しくなる「うなぎ」「あなご」「ハモ」などは
みんな長い体をしていますね。偶然でしょうか。
きょうは味の乗ってきた「あなご」です。
煮穴子としてつまみでもよし、握りでもよし、穴子丼も美味しいですね。
関東では江戸前の金沢八景あたりがいいとされています。

夏(-_-;)天然の「帆立貝」で気分がいい~

きょうは夏のような気温で半袖、クーラーの出番です。
毎年五月から六月になると「帆立貝」の天然ものが
出荷されます。帆立は一年中養殖で出荷されますが
海に稚貝をまいて自然に育てた帆立はプリっとしておいしいですよ。
生、焼いても、天ぷら、バター焼きでも寿司も美味しいし迷いますね。

房総の鯛、頭も骨も食べようか~

芽出度いということで「鯛」はいつでもお祝い事には
欠かせない魚になっている日本人の習慣です。
恵比寿さんが抱いている魚が鯛です。頭が大きく、形もいいですね。
刺し身も焼き物、煮付けもいいし、何よりも「潮汁」がいいですね。

地元の新じゃが「きたあかり」が出て~

きょうは初夏らしいお天気で気持ちがいいです。
きょうは「新じゃが」です。地元のきたあかりがようやく出荷されました。
さっそく「ポテトサラダ」ですね。肉じゃがもいいし夏らしくなります。
そしてジャガイモの小さい小丸を揚げ煮にしたものはつまみ食いにはピッタリですね。
夏がちかいな~ビールがうまいな~♪

 

居酒屋 土浦でメニュー豊富な美味しいお魚やお酒が飲める店 宴会なら 熱燗徳利 吟酔亭
各種宴会。ご予算に応じてお引き受けします。
カード支払OK!
JR土浦駅から5分